ホワイト500認定のメリット

認定のメリットは

1、金融市場(低金利融資等)

2.労働市場(採用広告等)

3.公共関連(入札評価等)

でさまざまな分野での優遇が想定されています。

以下、経済産業省のサイトから引用しています。クリックすると拡大できます。

最終的には優秀な人材確保につながる

近年、ワークライフバランスを重視する風潮が高まっています。給与の高さよりも働きやすさを重視する若者も増えており、健康経営は企業としての大きな強みとなります。

給与がいくら良くても、激務の会社で体調を崩してしまっては元も子もありません。そうしたブラック企業は、既に淘汰される流れができています。これからの時代の企業は、従業員の働きやすさがますます求められるようになるでしょう。

そうした中で、ホワイト500に認定された企業というのは、求職者にとって大きな魅力となり、優秀な人材獲得に役立ちます。